脱サラ整体師の一生勉強だ!!
bf775.exblog.jp
Top
2005年 03月 04日
■ 名将逝く

サッカー=元オランダ代表監督、名将リヌス・ミケルス死去
エトー1発!ミケルス氏に捧ぐ/スペイン

1974年W杯西ドイツ大会、話題を独占したオランダの
トータルフットボール。
その指揮官が名将リヌス・ミケルスでした。

思えば当時私は中学2年生のサッカー大好き少年でした。
背が大きくないくせにGKを志望し、毎日毎日練習に明け
暮れました。おかげで、3年生のときには都大会に出場し
準決勝で敗れたものの、3位決定戦に勝利し自分なりに、
けじめをつけることができました。

彼のサッカーは、全員守備・全員攻撃です。
シュートを放ったクライフがその一分後ゴール前でクリア
をする、そんなサッカーでした。中盤ハーフライン付近でも
どんどんプレッシャーをかける、そして一歩間違えば大ピン
チを招く大胆なオフサイドトラップ。
そして極めつけは、中盤わずか20mの間にGK以外の10名の
選手が入ってしまう究極のフォーメーション、どれを見ても
サッカーという競技にとって、大きな変革の基礎となったと
言っても過言ではない、そんなチームを彼は作りました。

私の選手としての最大の思い出は、都大会3位のご褒美に、
ナショナルスタジアム(国立競技場)で試合をさせてもらえた
ことです。当時のJSL(Jリーグの前身、日本サッカーリーグ)
公式戦、三菱VS古河(レッズVSジェフ)の前座試合でした。
国立の電光板に自分の名前が出た感動は今でも忘れません。
そんな感動を与えてくれたのは、やはりあの崇高なオランダ
のサッカーに対するあこがれだったのかもしれません。

名将は逝きました。しかし彼の功績はサッカーという競技が
存在する限り、永遠に語り継がれることでしょう。

合掌。


人気blogランキング上昇中!!
現在の順位は→ここ!!


あなたの御自宅・職場などへおうかがいいたします。
出張専門『気持ちいい整体』こちらです
[PR]
by body-factory775 | 2005-03-04 18:05 | サッカー