脱サラ整体師の一生勉強だ!!
bf775.exblog.jp
Top
2005年 08月 09日
■ 議員レスラー、悲喜こもごも

棄権の大仁田議員、ハマコーと怒鳴り合い
b0064726_17124176.jpg

「中間派」の大仁田厚参院議員(47)は8日、採決を棄権し、
涙を流しながら議場を出た。参院本会議場には入ったが、
採決が始まっても、険しい表情で席に座り続け、名前を
呼ばれても立つことはなかった。

 “小泉チルドレン”を自認する大仁田氏はこの日午前、
小泉純一郎首相(63)に「意見書」を出し、解散阻止など
を訴えたが通らなかった。報道陣に囲まれると「優柔不断
な結論を深くおわびします。寂しいだけですね。
棄権しなきゃいけなかった自分も嫌だし、こういう決断を
迫った(小泉)総理も嫌ですね。国会って何なんだろうな。
こんなにドロドロしたものをなぜ国民に見せないといけない
のか。一番大事なのは法案なのに」と苦しい胸中を語った。

採決直後には、テレビで元衆院議員の浜田幸一氏(76)から
「議決権の行使をしないものは議員の資格はない」と批判され、
「僕らは小泉さんに選ばれた子どもです。親を裏切れるんですか。
僕には裏切れなかったんですよ」と絶叫。
浜田氏も「なんでお前が怒鳴るんだよ。スポーツマンがそんな
ことでどうする」と怒鳴り返す“場外乱闘”を展開した。


神取忍「たなぼた当選」へ
b0064726_1712543.jpg

ミスター女子プロレス神取忍(40)が猛勉強で「たなぼた当選」
に備える。昨年7月の参院選で比例代表に自民党から出馬し、
12万3521票を獲得しながら、次点で落選した。しかし衆院
解散で複数の参院議員のくら替え出馬が見込まれ、繰り上げ
当選の可能性が高まった。この日、神取は一気に総選挙となった
政局に「動乱の時こそ、私がお役に立てる」と鼻息を荒く話した。

参院選落選後、政治への出直しを決意。プロレスのマットに
立ちながら国政への出番に備えてずっと勉強会を続けてきた。
地方巡業に出る時は以前、トレーニング用のバーベルとプロレス
雑誌しか持参していなかったが、昨年からバッグの中に政治の
資料や新聞、本が加わった。「政治にもプロレスにも全力投球。
分かりやすい政治を」とアピール。国政でも男以上の大暴れを
公約に掲げ、猪木、馳、大仁田に続く格闘政治家として出番を待つ。


大仁田議員、自分の意志で動いていたんですね。以外でした。
これで、再選はなくなったから、プロレス復帰決定ですかね。

神取さん、強行採決で活躍されるのでしょうか。


人気blogランキング低迷中!!
現在の順位は→ここをクリック!!

肩こり・腰痛・慢性疲労でお困りの方へ。
こちらへどうぞ

Mixiの方は、こちらです

[PR]