脱サラ整体師の一生勉強だ!!
bf775.exblog.jp
Top
2005年 12月 16日
■ 審判室に怒鳴り込み

<訃報>仰木彬さん70歳=前オリックス監督
b0064726_0213533.jpg


元プロ野球・西鉄ライオンズ(現西武ライオンズ)の二塁手として黄金時代を築き、近鉄、オリックスの監督として3度のパ・リーグ優勝を果たした現オリックス・シニアアドバイザーの仰木彬(おおぎ・あきら)さんが15日死去した。70歳だった。

 福岡県中間市出身。東筑高卒業後、1954年に投手として西鉄に入団。すぐに野手に転向し、名二塁手として名をはせた。中西太氏、稲尾和久氏、豊田泰光氏らとともに56年から3年連続日本一に貢献した。60年にはパ・リーグのベストナインを受賞。67年に現役を引退するまで、通算成績は1328試合に出場し、800安打、70本塁打。2割2分9厘の打率を残した。

 現役引退後は、西鉄で2年間、コーチを務めた後、三原脩・近鉄監督(当時)の要請を受けて70年に近鉄入り。5人の監督の下で18年間、コーチを務め、87年に監督に就任。「トルネード投法」の野茂英雄投手(元ドジャース)を育てた。89年にリーグ初優勝を飾ったが、巨人との日本シリーズでは3連勝後の4連敗。92年に勇退。04年には野球殿堂入りを果たした。

 94年にオリックス監督に就任すると、振り子打法の鈴木一朗外野手(マリナーズ)を見いだし、登録名を「イチロー」として開花させた。阪神・淡路大震災があった95年のシーズンには、「がんばろうKOBE」をユニホームの袖に掲げて、オリックスとしてパ・リーグ初制覇。翌年には、長嶋・巨人を破って日本一に輝き、01年に勇退した。

 昨年オフ、近鉄と合併した新生オリックスの監督を引き受け、今季は4位。体調面を理由に今オフ、監督を退き、シニアアドバイザーに就任した。



絶対に何か理由があると思っていましたが、こんな理由だとは・・・

こんなことあんなことで、選手の気持ちをつかむのが上手な監督さんでした。

本当に残念です。

心よりご冥福をお祈りいたします。




人気blogランキング低迷中!!
現在の順位は→ここをクリック!!

肩こり・腰痛・慢性疲労でお困りの方へ。
ご自宅・会社までおうかがいいたします。
こちらへどうぞ

Mixiの方は、こちらです


 
[PR]
by body-factory775 | 2005-12-16 00:27 | ベースボール