脱サラ整体師の一生勉強だ!!
bf775.exblog.jp
Top
2006年 07月 23日
■ それも戦術のひとつ〜高校野球だってそんなにクリーンなもんじゃない

<高校野球>監督が故意の三振指示 秋田大会準決勝

秋田市の秋田県立こまちスタジアムで22日に行われた第88回全国高校野球選手権秋田大会準決勝の本荘—秋田戦で、大量リードした本荘の尾留川徹監督が七回表、雨天ノーゲームを避けるために、打者に対して故意に三振するよう指示した。県高野連は同日、同校野球部に対しフェアプレーをするよう指導し、始末書提出を求めた。
 問題のプレーは、本荘が12—1とリードした七回表の攻撃中、1死二塁の場面で起こった。県高野連によると、尾留川監督が打者に三振するよう指示、打者は明らかなボール球を空振り三振した。県高野連は、本荘の野球部責任者を呼び「アンフェアなプレーがないように」と指導した。しかしその後、三塁に進んだ走者も本盗を狙ってタッチアウト。七回裏の秋田は無得点で、本荘は七回コールド勝ちした。
 県高野連は試合終了後、本荘に対して始末書提出を求めた。秋田の佐藤幸彦監督は試合後、「負ける以上の屈辱だ。最後まで正々堂々とやりたかった」と怒りをあらわにしていた。


私的には,全然不自然でないのだが少し推測を含めて,整理してみます。

1.県大会準決勝なので、7回まで試合が成立しないとノーゲームだった。

2.そこで、天候が悪く降雨が激しくなった。

3.10点以上もリードしていたチームは、ノーゲームになることを恐れて
 早くゲームを進めようとし、わざと三振し、わざと無理な本盗で試合を進めた。

4.結果、7回裏の攻撃も無得点に終わり、試合が成立した時点でコールドゲーム
 となって、試合終了となった。


別に大きな問題は無いと思いますけど。

10点以上リードされているチームの監督のコメント「負ける以上の屈辱だ。最後

まで正々堂々とやりたかった」と怒りをあらわにしていた。というのも、なんと

なく変な感じがする。負けてるから、降雨ノーゲームにして、0対0から始めよう

とする方が、よっぽどせこいと思うけど。

ただ、問題なのが7回コールドというのが、天候によるものなのか,点差による

ものなのかという所ですね。





肩こり・腰痛など、カラダをなんとかしたいアナタ
JAZZが流れる静かな空間の中で、癒しの時間をお過ごしに
なりませんか。今話題のデトックス足浴もやっています。
深夜0時まで営業しています。(7月末までは出張のみ)

JAZZが流れる小さな整体院(8/1開院)
BODY FACTORY NANAKO

[PR]
by body-factory775 | 2006-07-23 09:44 | ベースボール