脱サラ整体師の一生勉強だ!!
bf775.exblog.jp
Top
カテゴリ:サッカー( 92 )

2011年 08月 09日






b0064726_16332221.jpg

私は、PRAY FOR EAST from NAGATO と FM AQUAを応援しています
b0064726_23316100.jpg

[PR]
by body-factory775 | 2011-08-09 05:46 | サッカー
2011年 07月 26日






b0064726_16332221.jpg

私は、PRAY FOR EAST from NAGATO と FM AQUAを応援しています
b0064726_23316100.jpg

[PR]
by body-factory775 | 2011-07-26 04:41 | サッカー
2011年 07月 26日







b0064726_16332221.jpg

私は、PRAY FOR EAST from NAGATO と FM AQUAを応援しています
b0064726_23316100.jpg

[PR]
by body-factory775 | 2011-07-26 04:30 | サッカー
2011年 07月 18日


b0064726_19351194.jpg

[PR]
by body-factory775 | 2011-07-18 19:35 | サッカー
2011年 07月 10日

b0064726_7375888.jpg


b0064726_7384071.jpg

[PR]
by body-factory775 | 2011-07-10 07:39 | サッカー
2006年 11月 08日

<サッカーW杯>日本敗因は対独親善試合での善戦 協会分析

b0064726_2195545.jpg


日本サッカー協会の田嶋幸三専務理事は8日、ワールドカップ(W杯)ドイツ大会での日本代表の敗因について、開幕直前に行われたドイツとの親善試合で善戦したことがかえってマイナスに働いたとの見方を示した。日本協会が編集し、10日発売されるW杯分析リポートの説明会で言及した。

 田嶋専務理事はW杯当時、技術委員長として代表に同行した。大会直前に組まれた親善試合2試合のうち、日本はジーコ前監督が「負けてもいい」と考えていた強豪ドイツと引き分け、格下のマルタには辛勝した。田嶋専務理事は「チャレンジャーであるべきなのに、(ドイツ戦で)受け身に立つ雰囲気が生まれた。思惑と違う結果になった」と説明した。

 リポートではコンディション作りの問題点も指摘。5月上旬のキリン杯から福島・Jヴィレッジ、ドイツ・ボン両合宿にかけて休みがほとんどなく、選手に疲労が蓄積。「ドイツ戦がピークだった」と結論付けている。

 さらに、皮肉なことにドイツ戦を境に現地の気温が上昇。日中行われた1次リーグ初戦のオーストラリア戦で後半動きが落ちる伏線になったとの見方を示している。ジーコ前監督の評価について田嶋専務理事は「100%のパフォーマンスを引き出したとは思わないが、最高の結果を出そうと努力した」と改めて擁護した。



う〜ん、このコメントはどうかと思うなあ。

選手は与えられたチャンスを生かそうとする訳だから、

一生懸命やったのが悪かったような印象を与える

発言は控えるべきだと思います。

調整のピークの持っていき方がまずかったのなら、

敗退は協会の責任ということになりますよね。





肩こり・腰痛など、カラダをなんとかしたいアナタ
JAZZが流れる静かな空間の中で、癒しの時間をお過ごしに
なりませんか。今話題のデトックス足浴もやっています。
深夜0時まで営業しています。

JAZZが流れる小さな整体院
BODY FACTORY NANAKO

でぶっちょ院長のダイエット奮闘ブログ
デトックス足浴で痩せる!!

[PR]
by body-factory775 | 2006-11-08 21:13 | サッカー
2006年 09月 02日

サウジ入り即『深夜練』!オシム監督「世界には今が昼の国もある」


 サッカー日本代表・アジア杯予選直前合宿(1日、サウジアラビア・ジッダ)アジア杯予選のアウエー2試合を戦う日本代表は8月31日深夜、サウジアラビアに到着。日本から約16時間の長旅の後にもかかわらず、そのまま競技場へ直行して日付をまたいだ9月1日に深夜練習を敢行した。疲労困憊の選手・関係者に対し、指示したイビチャ・オシム監督(65)は何食わぬ顔で「世界には今が昼の国もある」。日本代表史上初の強行練習の真意は『24時間戦え!!』。世界を見据えたオシム流の鬼指導だ。〔写真:周囲の建物の明かりも消えた中、練習を敢行した日本代表選手たち。オシム監督(中央)の指示のもと、深夜のピッチで動き回った〕

 寝静まって真っ暗なジッダの街で、1カ所だけが異様に明るい。初の海外遠征に臨んだオシム監督が、地獄の深夜練習を計画通り敢行した。

 「こんなの初めて。高校時代に早朝練習はあったけど」とGK川口。MF遠藤は「遊びでは(経験が)あるけど、練習では…」。J1千葉でオシム監督の教えを受けたFW巻も「想定内だったけど、やはりきつかった」。歴戦のドイツW杯代表戦士も大粒の汗。もはや苦笑いするしかない。

 当然だ。日本から16時間かけて現地時間31日午後11時に到着。空港ではW杯でドイツ入国時に受けたようなVIP待遇もなく、通常ルートで出国のため空港発は1時間後の1日午前零時。日付も変わり、深夜でも気温33度、湿度80%超の異常な蒸し暑さで、出国前に計画が明かされた到着即練習は中止もあるかと思いきや変更なし。機内でジャージーに着替えていた選手たちは、そのまま競技場へ“連行”された。

 午前零時40分開始の練習が終わったのは午前2時過ぎ。8対8の試合形式など内容も濃かった。選手はグッタリだが、オシム監督は「時差調整が一番の理由」と説明後、さらにこう言い放った。

 「深夜? いや、世界では今が昼間の国もある。ここが真夜中だからといって、夜中にやったことにはならない」

 あまりに厳しいが、これも世界を基準にしてのもの。確かに、今回未招集のスコットランドプレミアリーグ・セルティックMF中村俊輔ら欧州組は、これまでもクラブから日本代表に合流し、即練習参加するなどのハード日程を何度もこなしている。俊輔らも深夜というケースはさすがにないが、強行日程を苦にしない姿勢は、世界では当然。24時間すべてをサッカーに注ぐ心得を、体に染み込ませた。

 招集メンバーの集合当日の発表や、思い切った若手登用に続くサプライズは、鬼の指導だった。帰路では選手へ「冷房で体を冷やすな」と指示。言葉は優しかったが、これも24時間戦う姿勢を保て− との意思の象徴だ。重要なアウエー2戦、常人なら選手の疲労を心配するが、超人・オシム監督の頭にそんな考えはない。



もはや,奇行としかいいようがない。選手を壊さないでくれよ。




肩こり・腰痛など、カラダをなんとかしたいアナタ
JAZZが流れる静かな空間の中で、癒しの時間をお過ごしに
なりませんか。今話題のデトックス足浴もやっています。
深夜0時まで営業しています。

JAZZが流れる小さな整体院
BODY FACTORY NANAKO

[PR]
by body-factory775 | 2006-09-02 09:14 | サッカー
2006年 08月 31日

平山に戦力外通告「必死さがない」

b0064726_17354960.jpg


ヘラクレスFW平山相太(21)が30日、クラブから事実上の戦力外通告を受けた。スミット会長、ホフマンTDとの会談で放出を示唆されたもので、31日に通訳を交えて再び、話し合いを持つことになった。ただし、欧州の移籍期限は31日までで、移籍先を探すのは厳しい状況。平山の決断が注目される。

 移籍期間の終了直前に平山は衝撃の通告を受けた。30日午後、クラブハウスを訪れたが、練習には参加せずにスミット会長とホフマンTDと会談。終了後、平山は「2人と話をしました。(クラブから)出てっていいよと言われた」と事実上の戦力外通告を受けたことを明かした。「必死さがない。調子も落ちている」ことが理由で、スミット会長のワンマンチームでもあるだけに苦しい立場に立たされた。

 平山は昨季、8得点を記録し、2年目となる今季を飛躍の年と位置づけていた。しかし、調整が遅れる中、ブラジル人FWエバートンが先発の座を獲得。オフに言い渡されていたオランダ語の習得も進まなかったことで、ブロート監督からの信頼も得ることができなかった。20日に行われたトゥエンテとの開幕戦こそ先発したが不発。27日のフェイエノールト戦は出番がなかった。翌28日のリザーブリーグ、ビレム2戦はフル出場したものの、フロント幹部からは「全然、良くない」と評価は落ち続ける一方だった。

 出場機会を得るためには移籍しかない。ただ、欧州の移籍期限は31日で状況は厳しい。今季も昨季同様に20試合以上、先発することを契約条項に盛り込んでいるとみられるが、ヘラクレスに残留した場合は飼い殺しとなることは確実だ。31日は通訳を交えて再びスミット会長と会談する予定。五輪世代のエースが運命の決断を迫られることになった。


温厚なあの顔は本人の責任じゃない。だからワンマンチームは嫌いだ。




肩こり・腰痛など、カラダをなんとかしたいアナタ
JAZZが流れる静かな空間の中で、癒しの時間をお過ごしに
なりませんか。今話題のデトックス足浴もやっています。
深夜0時まで営業しています。

JAZZが流れる小さな整体院
BODY FACTORY NANAKO

[PR]
by body-factory775 | 2006-08-31 17:37 | サッカー
2006年 07月 30日

川崎F大荒れドロー、首位は守る

b0064726_733417.jpg


【川崎F1−1大分】川崎F関塚監督が初めて退席処分を下された。問題のシーンは後半23分。ジュニーニョが大分の上本をかわして突破しようとした際に顔面にひじ打ちされて転倒。家本主審にはひじ打ちが見えなかったため、指揮官はサイドライン際で猛アピール。ベンチに戻った際にベンチを蹴ったため、反紳士的行為に当たるとして退席させられた。

 その後、家本主審は廣島副審と協議し、上本に2枚目のイエローカードを出して退場を命じた。川崎Fの福家強化本部長は「(主審は)最初にイエローカードを出すべきだ。規律委員会に抗議文と映像を提出します」と怒り心頭。関塚監督も「私の(ベンチを蹴った)行為に関しては申し訳ない」とだけ話し、会場を去った。試合は前半25分に先制したが、同43分に追いつかれてドロー。G大阪、浦和も引き分けて首位は守ったが、後味の悪い試合となった。


先に副審と相談するべき、順番が違う。

だから日本の審判はレベルアップしない。






肩こり・腰痛など、カラダをなんとかしたいアナタ
JAZZが流れる静かな空間の中で、癒しの時間をお過ごしに
なりませんか。今話題のデトックス足浴もやっています。
深夜0時まで営業しています。

JAZZが流れる小さな整体院(8/1開院)
BODY FACTORY NANAKO

[PR]
by body-factory775 | 2006-07-30 07:35 | サッカー
2006年 07月 30日

処分撤回、再試合など要求 北朝鮮がAFCに抗議書

b0064726_4382638.jpg


朝鮮中央通信によると、北朝鮮サッカー協会は29日、オーストラリアのアデレードで27日に行われた女子アジア・カップ準決勝の中国戦で、試合終了間際に北朝鮮のゴールかと思われた場面でのオフサイドの判定に北朝鮮選手が抗議し、GKら3選手が30日の日本との3位決定戦に出場停止処分を受けたのは不当と反論、抗議書をアジア・サッカー連盟(AFC)と大会組織委員会に送った。
 処分撤回と中国との再試合、関係した審判員の処罰の3項目を要求。GKらの抗議を「遺憾なことではあった」としたものの、主審と副審を「意図的で不公正な競技運営をしたことに根本的な原因がある」と非難した。



どこまでバカなんだ,この国は。

特にあのデブのGKは救いようが無いな。




肩こり・腰痛など、カラダをなんとかしたいアナタ
JAZZが流れる静かな空間の中で、癒しの時間をお過ごしに
なりませんか。今話題のデトックス足浴もやっています。
深夜0時まで営業しています。

JAZZが流れる小さな整体院(8/1開院)
BODY FACTORY NANAKO

[PR]
by body-factory775 | 2006-07-30 04:41 | サッカー